自動車事故費用共済

人身事故の際の経済的負担を幅広くサポートします。

自動車事故費用共済の特徴

本共済は、契約車両を運転中に生じた人身事故に対して、自動車保険ではカバーできないものまで補償します。お支払いする共済金を被害者へのお見舞金としてお役立て下さい。
共済金は契約者にお支払いします。賠償金ではありませんから加害事故だけでなく、被害事故、自損事故でもお支払いします。

保障内容

●主契約

補償の種類:共済金額300万 死傷者が契約者側の場合 死傷者が相手側の場合
(契約者側に過失がある場合に限る)
死亡事故共済金
事故の日から180日以内に
死亡されたとき (1事故につき)
300万円 共済契約者の経済的負担を補うため合計300万円までの実費を支給(死亡臨時費用共済金の支払いを受けてる場合はその額を差し引きます。)
死亡臨時費用共済金 被共済自動車に過失がある共済期間内の事故により、事故日から180日以内に相手側に死亡者が生じたとき、1事故につき30万円をお支払います。
後遺障害事故共済金
(障害等級別による)
12万円?300万円 12万円~300万円
算定された額を限度として実費を支給
入通院臨時費用共済金 被共済自動車に過失がある共済期間内の事故により、相手側負傷者が通算3日以上の入院または通院をしたとき、1事故につき3万円をお支払います。
入通院事故共済金
(往診も含む)
365日分または300万円を限度
1人あたり
入院日額4,500円
通院日額2,250円
1事故につき入院、通院合わせて1日最高18,000円とし、300万円を限度とし、支払限度日数は365日とする。
左記の日額を限度とし、合計300万円までの実費を支給(入通院臨時費用共済金の支払いを受けている場合はその額を差し引きます。)
1事故につき入院・通院合わせて1日最高18,000円までとし、300万円を限度とする。

※共済金額は契約者・相手側合わせて300万円が限度です。

※共済金は、どちらが死傷者であっても契約者へお支払いとなります。

さらに特約として

対物事故共済金特約
(1事故につき)
契約車両を運転中の事故により、他人の財物を破損・汚損・滅失させ、相手方に対して2万円以上の経済的負担をした場合に3万円をお支払いします。(共済期間中に1回のお支払いを限度とします。)
車両事故共済金特約
(1事故につき)
契約車両の自損事故・他車との接触事故または盗難、いたずらなどにより共済契約者の経済的負担が3万円以上となった場合に3万円をお支払いします。(共済期間中に1回のお支払いを限度とします。)

共済掛金

車種 共済金額300万円
年一括払 12回分割払
月額 年額計
自家用乗用自動車 9,000円 900円 10,800円
自家用軽乗用自動車 4,500円 450円 5,400円
自家用普通貨物自動車(2t超) 16,500円 1,650円 19,800円
自家用普通貨物自動車(2t以下) 13,500円 1,350円 16,200円
自家用小型貨物自動車 9,000円 900円 10,800円
自家用軽貨物自動車 4,500円 450円 5,400円
対物事故共済金特約
年一括払 12回分割月額 12回分割払年額計
1,000円 100円 1,200円
車両事故共済金特約
年一括払 12回分割月額 12回分割払年額計
2,100円 210円 2,520円

ご加入に際して

共済契約者:
法人または個人(※法人と個人では共済責任の範囲が異なりますのでご注意下さい。)
被共済自動車:
共済契約者の所有、使用または管理に属する自動車
払込方法:
年一括払・12回分割払の口座振替となります。
出資金:
出資金は1口100円です。(組合員資格のある方でぐんま共済協同組合に初めてご加入する場合にお預かりいたします)
共済期間:
補償の開始時期は初回掛金を払い込んだ日の翌日午前零時からとなります。共済期間は1年間です。(翌年以降は自動更新されます。)

パンフレットダウンロード

別ウインドウで表示されますので、そのままご覧いただくか、保存または印刷をしてください。データサイズが大きいので、通信環境によって時間がかかる場合がございます。ご了承頂けますと幸いです。

各共済商品のご紹介 もしものときの備えは万全ですか? 各種共済をお役立てください。

  • フレンド共済21・Ⅰ型
  • フレンド共済21・Ⅱ型
  • 傷害共済
  • ファミリー交通傷害共済
  • 自動車事故費用共済
  • 自動車共済
  • 火災共済
  • ラブ生命共済
  • シルクシニア